第1章 出会い




「いてて、ここは何処だ?」

 クロードは知らない場所にいた。

木々がささやく音。
葉や木の匂いと動物の糞の臭いが混じり合ったニオイ。
どうやら、未開惑星にワープされてしまったようだ。

(とりあえず、連絡をとらなきゃ。)

 通信機を取り出し、カルナスとの通信を試みるが、聞こえてくるのは、

「現在この通信機は料金未払いのため、ご利用なれません・・・・」

と、いった無機質な女性の声だけ。

(ガッテム!こんなことならちゃんと支払っておくんだった!!)

 クロードは先月、待ちに待った新作ゲームを買ったため通信代を払えなかったのだ。
クロードはそのことを思い出し後悔した。
そのとき、何処からか悲鳴が聞こえた。

「キャー!助けてー勇者サマ〜〜〜〜〜〜。」

 20メートル先くらいにゴリラみたいな動物に襲われている女の子が見える。

(頭を打った衝撃か、疲れてるせいか幻聴と幻覚まで聞いたり見たりするようになったかな。)

クロードは気分を落ち着かせるため、吸ったこともないタバコに火をつけた。

「フー。ゲホゲホ。とりあえずなんとかして帰る方法見つけなきゃな。」

 そうつぶやいてから前を見ると、幻覚であろう少女がゴリラに昇龍券をかまし瞬殺したあと、
こちらに近づいてきた。











「助けんかい!!!!このボケが〜〜〜
〜!!!!」



バシッ!!!



「ひでぶっ!!」











 これが僕とレナの出会いだった。





つづくとか

 
 

戻る